プログラム

平成30年2月18日

第1回関東甲信越アルコール関連問題学会埼玉大会

新学会誕生記念大会
「新時代のアディクション支援について考えよう」


【開催日】 2018 年2月18日(日)   9:50~17:00

【会  場】 ウェスタ川越 多目的ホール  www.westa-kawagoe.jp
      埼玉県川越市新宿町1-17-17 Tel:049-249-3777
      JR 川越線、東武東上線「川越駅」西口徒歩5 分 /
      西武新宿線「本川越駅」徒歩15 分)
【連絡先】 埼玉県立精神医療センター
       TEL:048-723-1111(代) FAX:048-723-1550
       E-mail:n231111z@pref.saitama.lg.jp
           お申込みはこちらから >>

 日程表はこちらから>>

■プログラム

講演

*記念講演 「これからの依存症・アディクション治療の展望」
        演者:樋口 進(久里浜医療センター)
         座長:村山昌暢(赤城高原ホスピタル)
*特別講演1
「発達障害を基盤にもつアルコール依存症患者の見分け方と対応」
        演者:宮田久嗣(東京慈恵会医科大学)
        座長:犬塚 伸(長野県立こころの医療センター駒ケ根)
*特別講演2
「大阪方式からみたアルコール依存症の望ましい地域連携のあり方」
        演者:辻本士郎(ひがし布施クリニック)
        座長:若穂囲徹(河渡病院)
*教育講演
「アルコール依存症の看護を考える~患者さまからの学びから~」
        演者:韮澤博一(成増厚生病院)
        座長:長谷川陽子(井之頭病院)
*会長講演
「アルコール依存症治療革命~新たな依存症治療のあり方~」
        演者:成瀬暢也(埼玉県立精神医療センター)
        座長:南 雅之(船橋北病院)

シンポジウム

*「関東甲信越各都県からの現状報告とトピックス」
        座長:真栄里仁(久里浜医療センター)
           吉岡幸子(平成科学大学)
           稗田里香(東海大学)
        演者:各都県から
*「新時代のアディクション支援について考えよう」
        座長:松下幸生(久里浜医療センター)
           岡崎直人(ジャパンマック)
        演者:朝倉崇文(北里大学)
           田 亮介(駒木野病院)
           小林桜児(神奈川県立精神医療センター)
           佐藤 拓(成瀬メンタルクリニック)
           大槻 元(全日本断酒連盟)
           辻本俊之(埼玉ダルク)
           今成和美(ASKアルコール薬物問題全国市民協会)
           田中紀子(ギャンブル依存症問題を考える会)

ワークショップ


*「家族支援の総合的アプローチ」
           高橋郁絵 (原宿カウンセリングセンター)
           近藤あゆみ(国立精神神経医療研究センター)
           森田展彰 (筑波大学)
            
【大会事務局】 埼玉県立精神医療センター  
                     TEL:048-723-1111(代)
                     FAX:048-723-1550
                     E-mail:n231111z@pref.saitama.lg.jp








 

ページのトップへ戻る